BLOGブログ

2018年03月26日

日傘の出番です^^

BEAUTY&HEALTH BLOG

皆様、こんばんは。

今日もポカポカ陽気♪

朝の早い時間からもう陽射しが強く降り注いでおりましたね。

出勤時間には、日傘を差しながら歩く女性を見かけ始めました。

今週は夏日になる日もあるようですから、日傘をそろそろ持ち始めた方が良さそうです。

日傘は紫外線からお肌を守るだけでなく、熱中症対策にもなりますので夏の必携アイテム!

<日傘選びのポイント>

①UVカット率(紫外線カット率)

②遮光率

③遮熱率

全てにおいて高い数値がベストです。

まずはUVカット率。

99%以上は必須ですね。

「白色」は紫外線を「反射」してカットしてくれます。

「黒色」は紫外線を「吸収」してカットしてくれます。

一色の日傘を選ぶ場合は、色が濃い方がカット率が高いので、黒色の方がオススメです。

また紫外線対策には、直射日光だけでなく地面からの照り返しにも注意です!

内側が白色の日傘ですと、傘の内側で反射した紫外線がお顔に当たってしまう可能性が高くなりますので、内側で紫外線を吸収してくれる内側が黒色の日傘の方が良いです。

そして。

真夏の暑さ対策&熱中症対策として、遮光率や遮熱率が重要になってきます。

黒色は熱を吸収して生地の温度が熱くなりがちな一方、熱を反射する白色やシルバー系の方は生地の温度上昇を抑えられますので、外側は白色やシルバー系が良く、見た目にも涼しいのでオススメです。

これらのことから、紫外線対策&熱中症対策にベストな日傘は「内側が黒、外側が白orシルバー系」ということになります。



※日傘イメージ(出典:www.amazon.co.jp

ただし、日傘のUVカット加工には寿命があり、濡れたり摩擦によって経年劣化し効果が薄れてきしまうようですので、2~3年を目安に買い替えましょう。

私も今は黒一色の日傘を使っていますので、今年は二色の日傘にしようかな~と思います。

日傘だけでは紫外線を完全にシャットアウトできるわけではありませんので、日焼け止めは必ず付けてお出かけくださいね。

紫外線対策をしっかりして、美肌をキープしましょう♪



朝カフェでパシャリ。

サンシャイン・シティの庭園が小さな町になっていて、とっても可愛らしかったです♡
rouge de porte ASKA

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6914-0544