BLOGブログ

2018年03月20日

ローションパックが上手くできない

BEAUTY&HEALTH BLOG

皆様、こんにちは。

今日は真冬の寒さに逆戻りした冷たい雨の1日ですね。

我が家の衣替えはまだ少し先になりそうです。

寒暖の差で体調など崩しませんようにお過ごしくださいませ。

 

さて、佐伯チズ先生の代名詞とも言える「佐伯式ローションパック」。

始めたばかりの頃は、慣れるまでがちょっと大変・・・と思うかもしれませんね。

濡れたコットンを2~3枚に裂く作業が難しいということもありますが、効果を引き出す最大のポイントは水の量と時間にあります。

★コットンを手のひらに乗せて水で濡らしますが、このときは水道水の水でOKです。



★コットンをギュッと握るように絞るのはNGです。手のひらで上から挟み込むように優しく水を絞り、量を調整します。



★水の量はコットンから水が滴るぐらい多めが良いです。2~3枚に割いているうちに乾いてきて、お肌に乗せる頃にはパサパサに。そうなってしまいますと、お肌にもフィットせず、すぐに剥がれ落ちてしまいます。お水が少なければ当然お肌に浸透させる水分も足りなくなってしまいますので、ローションパックの効果もなくなってしまいます。



※お首もとが水の滴りで濡れてしまうこともありますので、タオルを襟元に挟むと良いです。

ながら作業をしているとコットンが剥がれ落ちてしまう場合は、シリコンマスクでカバーするのがオススメです。



100円ショップで見つけましたが、母も愛用しています♪

ラップでやシャワーキャップで覆うのと同じですので、3分以上付けていても大丈夫です。

★ラップやシャワーキャップをしない場合は、コットンをお肌に乗せる時間は3分です!!

それ以上乗せてしまいますと、コットンがお肌の水分を吸い戻してしまいますので、3分以内でコットンは取りましょう。

★ローションパックの後は、栄養分たっぷりの美容液を付けて、最後はクリームでしっかり蓋をしましょう。少しでもお肌はからの水分蒸発を防ぐことができます。

サロンでもローションパック講座をしておりますし、お手入れの最後にローションパックの方法をお教えしております。

佐伯式スキンケアで分からないことがありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

佐伯式ローションパックは、乾燥はもちろんのことシミ、シワ、たるみ、くすみ、ニキビ解消にも効果が期待できる万能のお手入れですので、是非とも続けてくださいね~♪

 

 

 

 

 

 
rouge de porte ASKA

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6914-0544